結婚式で使う留袖|格安で用意できるレンタルを利用してみよう

着物の管理

赤と黒の振袖

成人式に着ていく振袖を用意したいが、あまりに高額のため用意できないという場合には、大阪のレンタルショップを利用してみるとよいでしょう。レンタルショップであれば、その場限りで借りてその後の保管に気をつけることも必要ありません。

詳しく見る

日本の正装

色んな着物

和服の種類は多く、それぞれ着用できる場所も違います。しかし、見た目に違いはあまり見られません。違いとしては、紋・柄・縫い方に違いがあり、それによって値段も大きく異なります。

詳しく見る

式場で使う留袖の種類

小物

留袖は、結婚式などに参加する場合に必要となりますが、購入するともなると何十万円といった高額な価格になってしまいます。しかし、レンタルであれば数万円で留袖を着ることができます。留袖は年齢によって着るものが分かれます。若い年代の方であれば、柄が高い位置、模様の面積が大きく、色合いも明るいものを着るのがほとんどです。年齢が上がるにつれ、柄が低い部分にあり、その面積も少なく色合いも落ち着いた紫や黒などが多くなります。
レンタルをする場合、3つの方法があります。近くのレンタルショップから借りる方法と、結構式場と提携している所から借りる方法、ネットから借りる方法があります。式場で提携している所であれば、自分で持込するという必要がなくなり、提携をしている店舗での独自サービスを行なっていることもあるのでより便利です。ネットでのレンタルであれば、最安値で借りることができます。しかし、気をつけたいのは着物に使われている素材です。安い価格の場合は使われているほとんどの素材がポリエステルの場合が多いです。安っぽく見せないようにするのであれば、正絹のものを借りるようにしましょう。留袖を着て食事をする場合、シミなどにも気をつけなければなりません。式場などには、小さなお子さんがいることも多いです。お子さんの面倒を見ていると、不意にシミがついてしまうこともが考えられます。その場合、レンタルする場所によってはシミ抜き費用が取られることもあります。レンタル前に電話などで前もって確認しておくことが大事です。

江戸時代の着物

後ろ姿

半纏の歴史は長く、それは江戸時代初期にも遡ります。当時は、一般人は法被を着ることができず、一般人も法被同様のものを着られるようにと半纏がつくられました。半纏は歴史の長い日本伝統の着物です。

詳しく見る